Even if it rains ―ジンの釣りブログ―

新潟柏崎~出雲崎~寺泊でサーフから“ショアの星”目指してウェーディングで狙える魚を獲りまくる! 新潟県長岡市在住。 釣りも仕事も「Even if it rains(雨が降っても)」行きます!

タグ:週刊少年ジンプ

InShot_20231220_172305902

本日、12月21日。


【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】


なんと五周年。









丸5年書き続けられたのも、ひとえに今読んでいただいている皆様のおかげで御座います。

ありがとうございます🙇





昨年の同日以降、58記事を更新しましたが楽しんでいただけましたでしょうか。

休憩のお供やスキマ時間に、またお越しいただけたら嬉しいです😊












つらつらとこんな報告と挨拶だけで終わってもつまらないんで釣りが出来そうな19日の夜、ネタを探しに海に行ってみました。


たしか波高予報は1m位だったはずですが・・落ち切りませんでしたね(=_=)





出撃時には水温くらいは計りたいところですがウェーディング出来そうにない状況だったので何もせずに帰りました🙄


また海況が落ち着いたタイミングで出撃し、海がどのように変化したかなど水温計測含め次の釣行が楽しみです🤗






____________________







【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】

6年目がここから始まります。



上手い言葉が思い付かず🙄昨年と同じ文言になりますが、




止まない雨はないけれど



even if it rains(雨が降っても)



心は晴れやかに



ここから一年またよろしくお願い致します🙇





また、いま読んでいただいている皆様の新しい年が健康で良い一年になりますよう😌
















今年も残すところ僅かとなりましたが事故やケガのないようお気をつけ下さいませ🙇





それではまた。




良いお年を😊






ジンでした。





____________________

この記事が“いいね”と思ったら下の画像をクリックしてもらえるとうれしいです🤩
👇️その評価が記事を書く励みになります👇️
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

2023年【週刊少年ジンプ】最終号でございます。

今年も目標の48記事更新達成です。




読者様におかれましては筆者として誠に心苦しいのですが、

【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】

の五周年目にあたる12月21日に新年1号の発売とし、それまでは作者取材の為お休みいたします。
何卒ご理解よろしくお願いいたします。


              編集長ジン
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________
















とまあ。

これだけはしないと気がすまないんで。

全然シカトして下さい👌



____________________
2023/9/17 朝 柏崎テトラ 波高0.5  3.5時間


はい!いきましょう。

本日はブロガーのiggy(以下イギー)さんを接待しました😀





下越から来られるイギーさんにはマイポイントはだいぶ遠いですが・・





イギー「行きます!」

即答。



(まじで?)



イギー「全然遠くないですよ!」



(いや。遠いろ)







・・・






そして3日前。
LINEでやり取り。



ジン「歩いて5分なんで5時集合でどうですか?」


イギー「え···そんなに遅くていいんですか?2時集合とかじゃなくて?」



(2時て何時やねん)



イギー「なんか不安です」



(そこまで言われると不安なってくる)



ジン「4時半にしましょう」







・・・






道中おなか痛くって到着は少し遅れてしまいましたが5時前には立ち位置へ。



2人でやるなら釣れるイカは目一杯獲り切りたいので、まずは手前から攻めて行って徐々に遠投する流れで行きたい。






口で説明するよりは・・



ジン「全体に浅くて手前はストラクチャーが結構入ってます。それでも着水点は2m弱あると思うのでこれくらい投げて・・」





──ビュッ!


3割キャストで1投目。
シャローエギを30mくらい飛ばす。




ジン「1·2·3·····11·12··これくらい沈めたらシャクります」




──ビュッビュッビュッ!・・




ジン「·2·3···7·8··これくらいで2セット目を」




──ビュッ!




──ビシッ!








──ドォン!!!







ジン「(おっ、おんも!)・・きました!」



イギー「ファッ!?」











ジン(おんも!やっちゃったかコレ!?)

DSC_0208~5
❲ダイワラトルタイプS金下地❳

やっちゃったねぇ。
ちょっとだけ申し訳ない気持ちに···🙄

19.0cm。




──この割り箸なんすけど。

デカい秋アオリの基準に「20センチ」というサイズが自分の中にあって。





そこでこれね。

DSC_0208~2

「だいたいの割り箸は20cmです」って。

“X”でネタ振りしちゃったんで・・今回初めて忍ばせて来ました😬

これでネタの回収は出来たでしょうか🤭





・・・



「ワラワラといるはずですから投げちゃって下さい!」

と、この立ち位置をイギーさんに譲り、広く扇状に誘っていただくため私は少し離れて再開します。










イギーさんをチラチラ見つつ、気に掛けながらシャクっていると。



シャクリ合わせにノリました。

DSC_0213~4
❲同上❳

13.0cm。

(今回、自分の釣りの詳細が若干曖昧。釣れた順序等は合ってます)



1杯目から10分後くらいですが、イカはいるよなぁ・・


(あの人まだ釣れてない···良い立ち位置のはずなんだけどなぁ)




ジン「イギーさん!そっちの方投げないんでいろんな方向に投げてもらって大丈夫です!」



イギー「了解です。見えイカ結構いますね!なかなか掛からないんですけど」














と、


次も私。

DSC_0217~2
❲ダイワタイプSラトル ケイムラ❳

16.0cm。






チラ見する限り、何か良くない誘い方をしているようには見えず・・🤔

私のやり方は最初にちょこっと言わせてもらいましたが・・





ん"〰️・・なにか良いアドバイスは──・・













ジン「もっとイカと会話するように誘って!」



もう自分でも何を言ってるのかわかりません。
言われた方も、わけワカメ🤯











で、もう1杯。

DSC_0218~3
❲同上❳

11.0cm。




・・・




ここで7時を過ぎ、地合も終わった様子。

追尾してくるイカも見えないのでとりあえずここは引き上げることに。




とは言え、この時間からここより可能性のあるポイントを私は知らない。

唯一ウェーダーで行くシャローエリアはあるが、




ジン「最初いらないって言ったんですがウェーダーとかって・・」



イギー「迷ったんですが持ってきてません😖」





そこで、運が良ければサヨリやアジがたまる場所でアオリイカのボイルも数回見たことのあるポイントへ奇跡を願い移動🙏




・・・




投げ始めるも追尾なく、雰囲気も感じない🥶オワタ···











ところがどっこい。



イギー「追ってきてます!」



ジン「マジすか? (いやもうゴミちゃうん?)」



イギー「釣れました!!」



ジン「ええぇぇぇ━━━!!」






私はここでイカの姿は確認出来なかったのである意味すげぇ。

持ってますね🤩



同時に嬉しさと安堵が・・🥺



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
↓気になるイギーさんの釣果はこちら↓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓










このあと小魚の群れも見えたんで小さいジグをお借りして2人でお魚狙ったりしつつ9時にストップフィッシングでした。



____________________




とりあえず釣れてくれたんでホッとしましたが予想外の結果にスーパー消化不良です😵‍💫


初めは「ツ抜けましょう」なんて息巻いてましたから。






他の方の釣果も見てみると、この3連休イカたちは全ての予想を裏切って来ましたね。


そこが面白いところでもあるんですけど。




なんだかんだとネタの回収が出来たのが私の中ではこの日一番のおもしろポイントでした🤭



(持ち帰り4。うち16cmと11cmはお土産でイギーさんへ😙)













____________________




今こうして読んでいただいている皆様のお陰で今年も記事を書き続けることが出来ました。

ありがとうございました。




読んでいただけることが励みになっております。


真冬のオフシーズンはともかく、間隔が空き過ぎないよう、たまに「ポチ」っと釣り好きのヤル気スイッチをプッシュ出来たらと思っております。


楽しみにしてくれる方が一人でもいるのなら、期待に添えられるよう私自身も楽しみながら記事を書いていきたいです。



これからもどうぞよろしく🙇






それではまた。


(持ち帰り4)








追伸.
読者様にはひと手間ですが『山田く~ん。座布団持って来て~』と思った折には記事の最後にも“いいね”して応援してもらえたらすごく励みになりますし嬉しいです!!







____________________


↓この記事が“いいね”と思ったら画像のクリックで評価をお願いします🙇↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村
↑そのクリックは記事を書く励みでしかないんです🙇↑


出撃装備:
ロッド:エメラルダス83ML
リール:セフィアSS C3000HGSDH
PEライン:よつあみアップグレード0.8号
リーダー:フロロ3.0号(300m−¥1500)
結束:SFノット
スナップ:音速ラウンドスナップM
他:メジャー・せめてフィッシュグリップ
他:ワームと3.5gのシンカーだけ持ってこ
他:もう容赦しない🤩

本日、12月21日。

【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】

四周年です。




今読んでいただいている貴方様のお陰で今年も書き続ける事が出来ましたm(_ _)m








感謝感激雨あられ雪12時間で66cm新記録。







あざす。



ジンです。





____________________
2022/12/20 昼 柏崎サーフ 波高2.0 1.0時間


降り過ぎだわ。






自身でもよくわからない、得も言われぬ使命感にかられ海水温計測のため除雪作業が一段落したタイミングを見計らい一路海へ。

DSC_0328~6

道中はこんな感じ。






沿岸の除雪された路側帯の広くなっている所に車を停める。










なぜか隣に息子が。




息子「休みになった」


私「水温計りに来ただけだぞ」


息子「風ないし出来るろ」










いや、激濁りやし。





Screenshot_20231023-152534~2


3〜40分ガンバって投げてましたが、まあ無理だろね。

濁りキツ過ぎ。



手がかじかんだ私は再三帰宅を促すが、なかなかヤメんかったね・・
この前おれがバラしちゃったからかな(^_^;)





最後に見た水温は

DSC_0330
❲15.5℃❳ (足元もだいぶ濁ってます)
10日前からは1.3℃下がりました。





でもね。

まだデイゲームも可能性はありそうで、カメモは数匹餌を探している様子でしたし、鵜が荒波の中でプカプカ浮きながら潜水する様子も見られました。

なにかしらベイトはいたと思われます。






とはいえ、このあと気温が上昇する予報。


雪解けによって河口に近い海域なんかは水温もぐんぐん下がっていきそうです。

波も収まりそうですから明日の夜あたりからパターンスタートですかね?


一歩引いた所から出撃される方の釣果を楽しみにしてます。








息子はやる気が違いましたね。
っていうか、目的が違ったんですけどね。

絶対釣れると思ってたみたいです(^_^;)





____________________




【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】

5年目がここから始まります。



やまない雨はないけれど

even if it rains(雨が降っても)

心は晴れやかに

また一年よろしくお願い致しますm(_ _)m






また、読んでいただいた皆様の新しい年が健康で良い一年になりますように。


よいお年を。






それではまた。



____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

2022年【週刊少年ジンプ】最終号でございます。

今年も目標の48記事更新達成です。


読者様におかれましては、筆者として誠に心苦しいのですが【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】の四周年目にあたる12月21日に新年1号の発売とし、それまでは作者取材の為お休みいたします。
何卒ご理解よろしくお願いいたします。


              編集長ジン
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




____________________

↓頭のおかしい週刊少年ジンプの過去の概要記事見てみ↓
____________________





『飽きたからもういい』とかそういうんじゃないんです。
やる決まりになってんです。


目標達成した自分へのご褒美ネタですね。

(安っすー・・)





____________________
2022/9/16 夜 柏崎テトラ 波高0.5  2.0時間


最近、すごく面白いと思ったブログを“思わず”読者登録してしまったんですが(初めて)、そのブログと比べたらこの【Even if it rains ―ジンの釣りブログ―】にそういう面白さはないな〜と気付いてしまった(-_-;)





「劇的に面白い」


とか、


「劇的にためになる」


わけではないこのブログをこれからもどうぞよろしくm(_ _)m







・・・・・

連休前で、台風前。



前回の釣行でエギング欲の薄まった私。
週末忙しくなりそうだし台風の進路によっては釣行を一週スキップしようかと考えてました。


しかしただ一人。
エギング欲の塊と化した息子から「今日行く?」とLINE。

文面はこれだけですがその裏には「イカ釣りたくてしょうがねぇ」思いがあったようです(行きの道中と釣行中の会話で思いました)。






柏崎へ向かう車中で2箇所のテトラ帯を周るルートを息子が提案。


私 「2箇所行くんか・・(しんどいな〜)」


息子「いや、だからー、そこで釣れたら2箇所目は行かなくていいやん」


私 「あ〜そういうことね」


息子「そゆこと」







・・・・・

1箇所目は初ナイトポイント。

朝まづめの実績はあるが夜は未知数。
とりあえずテンションは上がる。



最初だけは。



当たりなく移動を促すが粘る息子。
結果1時間したけど追尾を確認出来ただけ。
夜はダメなんかな〜😮‍💨







前回のポイントへ移動しファーストヒットは私の5投目にして夜光エギに換えた1投目。

前回より波立ち、東から吹く風もあり50カウント沈め2セット目のシャクリの初っぱな。



ズシリと乗る重み。

DSC_0232~3
❲タイプS夜光−チャートオレンジ❳
14.0cm。





次投。
同カウント沈め、さてシャクろうかとロッドをサビくと乗ってた。

DSC_0233~2
❲同上❳
14.0cm。
連チャンす。
こりゃうれしい。




私 「息子よ。50秒沈めたらきたぞ」


息子「50秒沈めたら絶対根掛りするでしょ」


私 「そだけど。今日風あるよね」


息子「あるねぇ」


私 「おまけに左に流されるよね」


息子「流されるねぇ」


私 「フリーに落としてもテンション掛かるから50秒くらい数えた方が良いと思うよ」


息子「ほーん。わかった」


私 (釣らせな帰れん)






この後、20分あたりなく息子のシーズン初ぼうずのフォローをどうしたものか考え始めたその時。






「きた!きた!」と。



少し離れていたので急いで駆け寄ると。

DSC_0239~3
❲ラトルタイプS金−ハッスルフレアー❳
16.0cm。

息子、いつも私よりデカいの釣るんよな。

なんなん🙄






もう…私眠くって

「もう帰んの?」って

言ってる息子引っ張って帰りました。



つっても22時過ぎてっし。
疲労たまってんな〜と。

息子のヤル気にたまに付いて行けんことあるけど、そこは親父の頑張りどころ。


途中ちょっと仮眠して帰りました(^_^;)




また行って来ます。


(持ち帰り3杯)


____________________




読んでいただいている皆様のお陰で今年も記事を書き続けることが出来ました。

ありがとうございましたm(_ _)m


読んでもらえるだけで励みになってます。

読者様にはひと手間ですがたまに応援してもらえたら嬉しいです。



これからもどうぞよろしく(_ _)



それではまた。



↓読んで頂いてありがとうございました。
  更新の励みになります。           
 応援のクリックを〜m(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

本家より少し遅れて【ジンプ】2022年第1号です。




大変お久しぶりでございます。


ジンです。





仕事が落ち着いて来た矢先。





我がゴールドフィンガーがこんな事に。


1か月近く経ちますがまだ包帯が取れず。

グローブ出来ない。
濡らせられない。
リール巻けない。


要するに「釣りなんて行けなかった」って事です。

それでも11月の前半には2回朝行きましたが海況は選べず。
濁り強く30分ほどで諦めるような釣行になってしまいました。




その後は釣行すら出来なくなり。


そろそろグローブはめられる位には包帯も薄くなって来たので凪いだ日にメバルでも狙ってみようかと。






【Even if it rains】も本日、丸3年を迎えました。
楽しんで読んでいただけるよう、これからもがんばります。

またよろしくお願いしますm(__)m




そして今年も残すところあと10日です。

事故やケガのないよう新しい年をお迎えください。



それではまた。



____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

2021年【週刊少年ジンプ】最終号でございます。


今年も目標の48記事更新達成です。




【Even if it rains】の三周年目にあたる12月21日に新年1号 発売とし、それまでは作者取材の為お休みいたします。
何卒ご理解よろしくお願いいたします。

              編集長ジン
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

______________________


編集長ジン『お前やりやがったな〰️』


私「だって恒例ですもん」


編『おもしろくねぇつったろ!』


わ「・・・(無視)」


編『だいたい休むとか言って更新続けるじゃねぇか!』


わ「じゃあほんとに更新しない!!」


編『ああ、いいよ。ゴーストライター頼むから』


わ「え・・(そんなにあっさり・・)」








わ「おれ、やります」


編『どうぞどうぞ』


______________________
2021/9/10 朝 柏崎テトラ 波高0.5 40分間

今年もまた、ここまで続けられたのも読んでいただいた皆様のおかげでございます。
それが励みになっております。

本当に。

改めて、ありがとうございます。




ネタはシカトしていただいて。





・・・・・

昨年開拓したワラワラパターンポイント(勝手に命名)。
雨で濁りの影響を受けやすい場所です。


最近天気が続かず濁りは予想されますが、行くだけ行ってみようかと。




到着も予想通りの濁り。
次に繋がるよう、姿だけでも拝見したい。





広範囲にキャストし付いて来てくれた唯一の、

12.0㎝。

サイトでステイしてようやく。
一応今シーズンイチのサイズ。

しかし姿を見たのはこの一杯のみ。
まあ、この状況では仕方ない。





・・・・・


そう言えば『柏崎はシブい』という話を聞きました。

雨が降ると鯖石川と鵜川がある周辺は広範囲に濁ってしまうのでそれが原因ではないかと。


晴れの天気が続けば状況は良くなって行くと思います(希望)。




雨が降る→河口が濁る→アジが寄る→イカが食べ成長する→行動範囲が広がる・・


→ムフフ・・。





しばらく天気が続きそうですし柏崎方面はこれからが楽しみです。



______________________
【おまけ】
この10日の夜、1時間だけ。柏崎テトラ。

11.0㎝でした。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


それではまた。



↓[面白い] [なるほどな~]と思ったらクリック↓
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

えー・・・





報告があります。





あのですね





記事数を間違えてました。


この記事で40記事更新です。





もう1回しなきゃいけねぇのか・・

あのネタを・・ (しなくていいんじゃない?)



いや、やる。


ジンです。


____________________
2021/7/16 夜 出雲崎サーフ 波高0.5 3.0時間


昨年の少年ジンプ終了後の増刊号を今年の記事数に入れてしまった。

読者様におかれましては、まったく“知ったこっちゃねぇ”話でスタートです。




・・・・・

今週木曜日。

今まで絶好調だったポイントをランガン。当たり無しのぼうず(朝は行きませんでした。行く気なかった?)。


本日金曜日。

出雲崎を新規開拓。
狙いは海岸線に無数にある沖のテトラ帯を何ヵ所か絞りランガン。



2時間当たりなし。

だって・・沖テトラ多すぎる。
と言っても3ヵ所目にして、計画した中で最後のポイント。



キャロットの水面直下の誘いに“コココッ”っと根魚っぽいバイト。

のらず。

2~3投バイトなく、場を休ませるためワンド1つ分移動。





・・・・・

戻ってガルバスリム80S。

テトラとテトラの間を抜いて遠い場所を誘いたい。
水面下20~30㎝を誘うイメージで。


キャロットのデッドスローで根に当たる感触がある(たぶん背がある)。
ガルバではそのレンジをキープ出来て、かつなるべくスローなリーリング。





根をかするギリギリの巻きスピードを探る3投目。









━━ガンッ!!

久々の大物を確信するバイト1発。





次投。

ロッドを振り抜きテトラの間を越え着水。
先程より僅かにスローにリーリング。


数巻きで海藻の束でも引っ掛けたような重み。


ロッドをあおる。








━━ググンッ!!


合わせは決まった。


「?」


抵抗感がない。


「!」


こっちに向かって走ってる!


テンションが抜けないように早巻きのゴリ巻き。
手前まで来てバッシャンバッシャンエラ洗い。





下からタモで掬い上げ。

69.0㎝。

新規ポイントで嬉しい1本。



で、

たまたま回って来た個体をたまたま獲ったんじゃマイポイントにするには弱い。



居着いているか (通りすがりじゃないか)

複数いるか (いればベイトがたまっていると考えられる)






再開。

左右に投げ分けた3投目。



遠投から4~5巻き・・








━━ググンッ!バシャバシャ!


見えたエラ洗いはテトラのその先。
暴れっぷりはさっきの比じゃない。





遠くから寄せるのはなかなかスリリングでした。

53.0㎝。


この時期の複数キャッチは嬉しい。

と同時にベイトがたまっている事も確定。
それをある程度の群れで補食しに来ている事も想像出来る。



マイポイントに追加です。
いろんな時期に来てみてルアーを投げる楽しみが増えました。



ここで釣果が出た事によって似た地形で気になるポイントが少し増えました。


____________________


ガルバスリムやレイジースリムのお話を少し。

波立っていない比較的穏やかな状況で好んで使っています。
ロッド角度と巻く早さでレンジをコントロールするので激浅ポイントでは気を使います(キャスト後放っておくと底まで沈みます。たぶん)。


普通に引けば左右にけつを振り、泳ぎのアクション。
そしてフォールではローリングしながら沈みます。
と言う事は、どんなにスローに引いても何かしらのアクションをしてくれるルアーなんです。

根掛かりのリスクはありますがある程度地形を把握出来ていれば使えるルアーだと思います。

アクション自体は手元に抵抗を感じるほどありませんが“ミノーより場荒れしない”と思っています。

そもそも濁りの無い比較的穏やかな状況で夜とくれば魚たちは自身の持っているセンサービンビンで周囲を警戒しているはずです。

そこにミノーほどのアピールは必要ないかなと。

追いかけてまで喰って来る事はないと思うので目の前に静かにルアーを通してあげる事が夜の釣りのキモかなと考えています。




また行ってきます。


それではまた。



____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

2021年【週刊少年ジンプ】最終号です。

早々に48記事更新達成です。



今年は半年残しての達成になりましたが、そのモチベーションはひとえに読んでいただいた皆様のおかげでございます。

【Even if it rains】の三周年目にあたる12月21日に新年1号発売とし、それまでは作者取材の為お休みいたします。
何卒ご理解よろしくお願いいたします。

              編集長ジン
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________


今年は「これでもう皆様に会えないのか」と思うと少し寂し━━━・・



ジン『なあ』


私「・・・」


ジ『なあ・・おい!』


わ「はい?」


ジ『無理だって』


わ「なにが」


ジ『おもしろくないって』


わ「恒例のネタですよ」


ジ『いくらなんでも日数が残り過ぎだろ』


わ「・・やっぱり。ネタになんないですか・・」



____________________
2021/7/10 夜 寺泊サーフ 波高0.5 3.0時間


まさかこんなに早く48記事更新を達成するとは。

三周年に向かってこれからもよろしくお願いします。



・・・・・

息子とリベンジです。

今週はこのためにちょい荒れ後に短時間の調査釣行を3回。



寺泊サーフは濁り強く波も高いタイミングで。

海藻が千切れて砂浜に大量に打ち上がり小さな羽虫が視界を遮るほど。
当たりは一度だけあった。


出雲崎へ二度調査。
テトラ帯に広がっていた海藻がこれまた根こそぎなくなっていました。

2~3か所程度、日を分けくまなく打ち尽くすもこちらは一つも当たりなし。



いずれも夜の釣行で、得られる情報が濁り具合とルアーのレンジによる海藻などの引っ掛かり具合という少なさ。

明るい時間帯に見ておくべきだったと少し反省。





唯一当たりのあった前回釣行のポイントへ。

しかし最後の手段的なエイポイントへは行かないで、別の新規ポイントを回り“魚”を狙う計画。





夜のサーフのランガンはカニとたわむれながら。


追っかけられて海にダイブ!

素早く足をバタつかせ砂に潜る!

見えてる体の一部も次の波で砂が覆いすっかり姿が見えなくなる。
これも生き残るための知恵だね~





そんなこんなで当たりのないまま時間が過ぎ、一度は通り過ぎた期待薄な立ち位置から帰りの道すがら息子がやってくれました。


いかにも浅いポイントで沈み根だけがサラシている。


その前にシンペンをロストしている息子のルアーはフローティングのシャロール。

リーダーも5号から3号になったため少し緩めなドラグ設定。





む『きたきたきた!』



すぐに聞こえた水面で暴れるエラ洗いの音で、

ち「シーバスだ!一気にズリ上げろ!」








む『やったー!初めてシーバス釣ったー!』





サイズは!







(※息子撮影する、の図)

チーン。

この角度は息子に申し訳ない。
遠近感で魚が一番遠くなってしまった(^_^;)

私の手のひら2つ分+5㎝は越えていたので46~7.0㎝はありました。




む『テンション抜いたらバレると思ったから巻き続けた!』



ドラグがちゃんと設定してあればそのやり取りは正解。
やるな息子。







その後。
車に戻る途中、ま~だカニとたわむれる親子でした。

____________________



リベンジと記事更新のネタが出来て良かった。


夜の釣行に結果が出にくくなってきたので次は朝行ってみますか。


起きれるかどうか。
切り替えに時間が掛かりそうです。



それではまた。



____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

2021年の少年ジンプも第47号目に(47記事更新)。



次号が最終号です。

ジンです。



ペースが・・

____________________


7月8日の夜。

息子とのリベンジ釣行の日程調整のため調査。



出雲崎のアカモクの森へ。





しかし、








「森がなくなってるww」


週初めのちょい荒れで森が吹き飛んでった。








原因は・・








でーだらぼっち。

なんかにつまずいてコケやがったな。




森が繁ってて投げられなかった所も端から端まで、上から下まで打ってみたけど無反応でした。




ポイントの選択肢が減ってしまった。


うーん。


どこ行こか。


____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

【衝動に駆られる (しょうどうにかられる)】

1. 人の心や感覚を突き動かすこと。
2. 反省や抑制なしに人を行動におもむかせる心の動き。
3. 理屈ぬきの欲求を強く感じること。 急きたてられるような衝動を覚えること。

____________________



ジンです。





・・・・・

とある夜の河口近く。

濁り強く、膝丈の水深でもブーツの先が見えなくなるほど。





嫌な予感がし、周囲を警戒する・・





その時!!!









濁りの中から得体の知れぬ何かが物凄いスピードでこちらに向かってくる!







━━ザザザザッ!ザバー!!

「ヤバい!」

瞬間的に咄嗟の行動がとれるよう身構える!












恐ろしい形相に思わず後ずさる!









━━ドンッ! (なにかが当たった!)

うしろを振り返る!!!













「ギャ━━━━━━!!!」




おけつ!?

誰かが砂からけつだけ出してる!



いや違う!



コイツは・・



砂から頭だけ出した










マンモスマンだー!パオーン!







・・・・・

これを見たジンはある衝動に駆られる・・

この背中ボッコンしてるのナニ!?







あ゛〰️







「ひっくり返したい」






あれがないか辺りを見渡す。



「あった」










アノアロの杖 (※実際はただの棒っきれ)


「ただの棒っきれにしか見えないがこれはアノアロの杖だ!」





杖をテコに使うがびくともしない!



・・・・・


・・・




____________________


いや、そりゃそうだ。



なんせ



砂に全身埋まっとるからね。



マンモスマンさん、

身長279㎝の体重400㎏ありますから。


____________________
2021/6/29 夜 寺泊サーフ 波高0.5 1.5時間


30分ほど出雲崎でやりましたがまったく当たりなくシブイ状況でした。


満潮近く高水位で雰囲気もあまり感じず。

サーフも波打ち際がだいぶ陸の方へ寄せて来ています。


テトラの際まで届かせたいのでルアーはレイジースリム88S。

キャロットと同じ巻きスピードなら、こちらは少し深い所を引いて来れる。


立ち位置は二択。
こっちからとあっちから。

こっちからは、当たりなし。





あっちに移動し数キャスト。





━━クックン・・

と控えめな当たりにビシッと合わせるもファイトは元気な


53.0㎝。





その2投後。





当たりに合わせ、やり取り中

「シーバスかな?にしてはサイズが小さいか」
と思ってキャッチは

体高たっぷりな31.0㎝。

久しぶりに会えたよ~。うれしい~。





これから少し期待しているのは、今何ヵ所かあるメバルポイントで「キジハタ釣れんかな~」って事です。

新しくキジハタポイントを探し回るよりこの数ポイントで釣果を出した方がきっと今後のためになると考えているからです(知らんだけ)。


またこれからが楽しみです。

それではまた。


____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

                (霧…濁り)
                (村…ポイント)

・・我が村周辺は未だ濃い霧に覆われたまま・・





・・ジンと未開の森へ・・





・・嫌な予感がする・・





・・おれはS.P.M.75・・



____________________
2021/5/12 夜 出雲崎テトラ 波高0.5 時間 言えね





・・・・・





・・嵐が収まった。村が心配だ・・





・・村への入り口は濃い霧に覆われている・・





ジン『ここからじゃ危険です。別のルートを探しましょう』





・・ヤッコルに乗り別のルートを探し移動・・





ジン『ここならさっきの所より霧が収まってます。ここから行ってみましょう。さあ、どうぞ』





S.P.M.75「え!?おれだけ!?」





ジン『はい。体にひも付けておくんで何かあったら引っ張って合図して下さい』





・・何度か放り込まれるがアカモクの森が行く手を阻む・・





S.P.M.75「アカモクが体に絡まってダメだわ」





ジン『行って下さい』





S.P.M.75「おれの話聞いてる?」





・・・・・

アカモクの森をかわしつつ





━━・・クイックイッ・・・





━━『!・・合図だ』


25.0㎝。


ジン『やりましたね!さあ次行って下さい!』

S.P.M.75「人使い荒くない?」





━━・・クイックイックイッ・・





━━『きたきた!』


22~3.0㎝。





・・さらに森の奥へ・・その時・・





S.P.M.75「マズ・・イ・から・・だに、アカ・・モクが・・・ジン・・たすけ・・」

━━・・ク・・イ・・・





ジン『(緊急の合図だ!)大丈夫ですかー!今引っ張りますから!!』









━━・・・・・ブチッ・・。





ジン『S.P.M.75さん━━!!』


S.P.M.75「ジン━━━・・・」





S.P.M.アネゴ「アタイに任しときな!」


25.0㎝。





・・しかしアネゴもその後アカモクの森に飲み込まれてしまう・・





ジン『S.P.M.75さん・・アネゴ・・・俺はどうしたら・・』








じい「ワ〰️シ〰️の出番かの〰️」





・・(廃盤)ショアラインおっとこぬしFだ・・





おっとこF「ジン。こういう時はふろーてんぐじゃ」





ジン『はい?(風呂?天狗?はぁ?)』





おっとこF「よぉ〰️見とけ〰️」


25.0㎝。













20.0㎝以上25.0㎝未満。やや5連。
(9匹全リリース。今度いただいてみます)



ジン『なるほど。アカモクの森の上を通すわけですね』






・・そして時間見て焦るジン・・





S.P.M.75「こういう時の為にフローティング持っとけし、今日はスキル発動やな」


____________________


と、今回ルアー達の気持ちになってみました。
なるべくロストしないようポイントの状況によって使い分けする事。
ルアー達だって取り残されて寂しいはずです(こちらのメンタルもヤラれます)。
勉強になりました。


(ラインシステムはPE0.8リーダーフロロ3.0号、SFノットかFGノット)


それではまた。


____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

今年も残すところあと10日となりました。

ジンです。



良いこと。

悪いこと。

どちらもありました。



でも振り返ってみて。


大きな怪我や事故無く過ごせた事。

悩みもありましたが何とかもがいて年末まで来れた事。


悪いことだけじゃなく、良いこともたくさんあったはずです。





【Even if it rains】2周年です。

今読んでいただいている皆様のお陰で今年も書き続ける事が出来ました。

ありがとうございました。



【Even if it rains】3年目がここから始まります。

やまない雨はないけれど、

even if it rains(雨が降っても)

心晴れやかにまた一年よろしくお願い致します。


又、読んでいただいた皆様の新しい年が健康で良い一年になりますように。


良いお年を。


それではまた。


↓2020年お付き合いいただいて↓

↓『はぁ?』と思った方も↓

↓『次も読んでやろか~』って方も↓

↓一度くらいは『フフッ』となった方も↓

↓ジンは皆様に感謝してます~↓

↓是非とも応援のクリックを。↓
にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

冬支度はお済みでしょうか。




いよいよ降ってきますな。
『rain(雨)』じゃなくて『snow(雪)』が。




ジンです。






____________________
2020/12/13 夕方 柏崎サーフ 波高2.0  1.5時間


そう言えば、金曜の朝バイブレーション持って水深のある根だらけのポイント行って来ました。

根にガツガツ当てながらのヒットで、合わせ甘くやり取りの途中でバラしてしまいました。

もんどり打った魚体が見えましたが魚種まで分からず。

波高は1.0m程で薄いサラシの中でしたが、出た。

次のチャレンジが楽しみです。





・・・





本日、日曜の朝。

6時の出発時には雷が。
ダメ元で到着も海は雷の気配なし。

ただ爆風です。
1.5時間やって当たり無し。




・・・




午後再び。

タイヤ交換と用事を済ませ14時45分到着。
ちょうど満潮の時刻でこれから下げていく状況。

風も弱まり良いサラシも出て雰囲気はムンムン。



どうしても来たかった。
理由は風が収まるから。

それと月曜からの状況が読めず、しばらく釣行出来ないかもしれない。
寒波前のラストチャンスです。




15時キャスト開始。
若干の向かい風と波高く、スイッチヒッターDHを選択も沖からの流れあり。

もう少しスローに誘いたいのでスライドアサシンに交換。

その4~5投目。






──ゴゴン!


グイングインと重量感のある強烈な引き。

エラ洗いしない。



「シーバスじゃないかも!たのしー!!」

(人いないので、たぶん声に出てました)



テンションマックスまで上がりましたがフックアウト・・・。


重量感から大物の確信があったのでしばし放心状態。




正気に戻ってキャスト再開。


(同じ魚喰ってこい!)


と、あり得ない事を心の中で繰り返しながら。







20数分後。





──ゴゴン!!





──ググ━━━━・・・・


──グングン!グングングングン!!



バラした獲物と負けず劣らずの重量感。

エラ洗いも無し。



「同じやつ喰ってきた!?真鯛かも!?」





強引に寄せて

83.0㎝。


あら?シーバスでした。
それも嬉しいランカー越え。


これでバラした事は帳消しに。



再開するも次が来ない。
でも朝とは違う雰囲気に集中力は切れず。

(朝釣行は明るくなるにつれ期待が薄くなっていきますが夕まづめは期待が高まっていく)



次のヒットは1時間後でした。




日没の16時半頃。


(この頃には雨も風も収まり波高も1.5m位に)
ヘッドライトは置いてきたしそろそろヤメようかと思い始めたその時。





──ゴゴン!!!




「最後の最後にきたー!」

(たぶん声に出てた。人いないからね)




"グングンゴンゴン"エラ洗いせず走りまくるが、やり取りは油断せず。


膝位の水深ですが迷わずタモでキャッチ。


78.0㎝。

(やったー・・・うれしー・・)



ビッグサイズ2本に大満足で終了しました。




____________________





朝の釣行でも思ったが、沖から流れが入って来ていると感じました。

自然の事なのでわかりませんがこの先の海況次第でベイトが接岸して来るかもしれませんね。

テキトーにした予測に期待だけは大です。




朝は風が強く立ち位置も限られやりずらさがありましたが、午後になり風が弱まり波も少し落ち着いた事で狙い通りの良い釣行になりました。




まさか昨年と同じ文句を使うとは思いませんでしたが 、





今日は、





午前より、





ゴゴン!





当たりもゴゴン。





でした。




____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

雨雨雨・・・。


1日晴れてまた雨。







12月になってから降水量多めでしたが寒さ緩み、風向きも変わり、イワシは沖に出て行ったようです。


来週の寒波に期待です。


12月は4、5、6日釣行したうち、4日にだけ釣果ありましたので報告致します。




ジンです。





____________________
2020/12/4 朝 柏崎サーフ 波高2.0 1.0時間


見た目の雰囲気は良いのですが、反応無く。


残り時間ギリギリで



これだけ。


土日も朝だけ出撃しましたが当たりすらありませんでした。


ミノーやシンペンで表層を意識して丁寧に色々なコースを誘ってみましたが反応無く。


全く魚がいないとは思っていないので(根拠無き願い)次回の釣行に向けて、

"水深のある立ち位置で居着きのクロダイでも狙ってみようか"

と、バイブレーションをいくつか入手しました。

なるべくタイトに攻めてみて結果が出せたらまた報告致します。





____________________






この4日の釣行後1人の釣り人に声を掛けられました。


釣り人『どうでした?』


私 「サゴシ1匹だけでした。当たりもこれだけで・・」


釣り人『そうですか・・先週まで良かったんですけどね~』


私 「日曜日の朝良かったですよ」


釣り人『あっ日曜日ね!私朝イチで入った人達がいなくなったあと◯本上げたんですよ!』


私 「ほんとですか!すごいですね!」


釣り人『サイズもね━━━・・・』


・・・・・


楽しそうに話されてるのを見て私も楽しい気分になりました。



ビッグゲームに当たった時は、やっぱり誰かに話したいし聞いて欲しい。

それが同じ釣り人だったら共感する所もありますが・・・




【増刊ジンプSQ.】で記事にした80㎝の鱸ですが

『鱸が釣れんのか。釣れたらくれや』

と知り合いに言われ、その方にもらっていただいたのですが・・。




『でけーな!でけーな!』

と驚いてはいただけたものの。




私「1投目で来たんですよー!」


 『ほーん』


私「エラ洗いってやつするんですけど、これはしなくて!」


 『はーん』


私「引きもすごかったですよ!」


 『ふーん』


・・・・・


 『それより、そこの川見たか!ハヨいるな!』





私「・・・・・」

 (もうちょっと聞いて〰️)




と、思ったと同時に




いつもお付き合いいただいている皆様には




改めて感謝ですm(__)m



それではまた。




____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

釣りはお休みしてました。


ジンです。







先週は海況がシーバス向きでないと感じお休み。

土曜から荒れ始め、日曜の出撃を楽しみにしておりましたが出撃出来ず。月曜も行く事が出来ませんでした。


そのため釣り欲は溜まる一方。



悶々としながら[五島列島でヒラスズキを追う]的な動画を見まくる。



「ん"〰️サラシから魚を引っ張り出したい」






____________________2020/11/24 朝 柏崎サーフ 波高2.0 30分間


ようやくの出撃も、4時にいったん覚めた目を次に開けた時には6時。


「おれのバカ〰️」

楽しみ過ぎて早く起きてやんの。



飛び起きて海に向かう。

着いて見た海は・・




水色良し。

波良し。

だけど、

30分しか出来ない(自業自得)。

人いない。



どういう事?

釣れてなかった?





準備して第1投。
スイッチヒッターDH。

毎回1投目はルアーがどの程度流され、どのコースを引いて来れるか判断する大事なルーティン。




サラシに馴染ませ引いて来る・・



・・・



引き抵抗はある・・な・



・・左右の流れはあまり無いか・・・



2投目はあっち側にキャストするかなー・・・






・・・






──ゴッ・・ゴン!!



──ゴンゴンゴンゴン!



──ジ・・ジジ・ジ━━━━━━━!!





「お・・重い・・!」




「エラ洗いしない!?」




「ぐっ・・もしかしてマダイ!?」


(釣った事無いけど~。ここで釣り上げた人は見た事あります)






目前を魚体をしならせ反転した姿は、



「シーバス!!デカい!」





針がしっかり掛かっているのを確認し、落ち着いてキャッチ。



80.0㎝。
3年振りのランカーサイズ。






それから2投後に。


──・・ゴッ・・・(当たった・・)






3投目。

イナダ(途中でバレ)。







4投目で。



──ゴッ・・・!





──バシャバシャバシャバシャ!!





グングンと引きを楽しみ、





ランカーよりも元気なコイツは



72.0㎝。




溜まりにたまった釣り欲が爆発しましたね。


ただ30分しか出来なかったのが・・・


(それは言わんしょ)





結果、今回投げた回数は。





1投目、80.0㎝。





2投目は無しで。





3投目当たりのみ。





4投目でイナダ来て。





5投目、72.0㎝。





『5投で来とぉ』





『5投でっとぉ』





いつか行ってみたい





『五島列島』





遠過ぎます。




それではまた。




____________________

↓この記事が“イイ”と思ったら画像のクリックで評価をお願いしますm(__)m
次回更新の教訓と励みになりますm(__)m↓

にほんブログ村 釣りブログ 甲信越釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

このページのトップヘ